ナプキンのかぶれ改善に必要なこと|コンプレックスにバイバイ

半永久の効果

膣トレーニングをすることによって、自力で膣のゆるみを改善することもできますが、クリニックで手術を受けて改善することもできます。クリニックで行なう手術は、膣の入り口の粘膜を切除することによって、括約筋を小さくするというものです。骨盤底筋を鍛えることによって、膣のゆるみを解消できるのですが、それは一定の締りだけです。クリニックで行なう手術は、半永久的な効果があるのです。そのため、1度施術を受けたら膣のゆるみに悩まされることも無いのです。また、手術による傷跡も残らないので、誰にも気づかれることなくゆるみを治すことができます。ただ、これから出産する予定があるという人には向いていない手術なので注意が必要です。手術をする場合は、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。新しい治療として、最近注目を浴びているのがメスを使わずに手術をする、ビビーブです。ビビーブは、30程度の時間で膣のゆるみを解消することができるのです。その治療方法は、高周波を使って膣内のコラーゲンを増やすというものです。ダウンタイムが短く、出血や痛みも無いので、気軽に治療することができます。

治療をして膣のゆるみを治したいけど、あまりお金をかけられないという場合は、ヒアルロン酸注入が向いています。粘膜が平らになっている部分に、ヒアルロン酸を注入することによって、膣内を狭くすることができるのです。メスを使わずに済みますし、費用が安いです。また、すぐに性交することもできるので、気軽に治療することができます。ただ、外科手術とは違って、半永久的に効果があるわけではなく、1年以内に効果は無くなってしまうので注意が必要です。どれが1番良い治療というわけではなく、自分に合った治療を選ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加