ナプキンのかぶれ改善に必要なこと|コンプレックスにバイバイ

骨盤底筋が弱い

女性特有の悩みとして、膣のゆるみがあります。膣がゆるんでいるのは、自分自身では気づきにくいので、パートナーに指摘されて気づくケースが多いです。自分では気づかない分、余計ショックを受ける人が多いです。勘違いしている人も多いですが、性行為の回数で、膣の締まり具合は変わりません。実際には、出産や加齢、肥満、姿勢などの原因で膣がゆるみます。一度ゆるんだら治らないというわけではないので、知識をつけて改善していくことが大切です。膣のゆるみの原因として、特に多いのが出産です。なぜ出産することで、膣がゆるむのかというと、筋肉が収縮できていないためです。産道になったために、ゆるんでしまったと考える人は多いですが、実際には筋肉が関係しているのです。加齢によって筋力が低下したために、ゆるみが生じることもあります。この場合、ただ膣がゆるむだけではなく、尿漏れなどを引き起こしてしまう可能性もあります。肥満になり、お腹に脂肪がついてしまうと、骨盤底筋が弱ってしまいます。すると、膣がゆるんでしまうことがあります。姿勢が悪い場合も、膣の筋肉を使わないことになるため、筋力が低下して、ゆるみが起きるのです。

膣のゆるみを改善したいなら、まずは原因を知ることが大切です。自分はどの原因によって、ゆるんでいるのかを知ることで、改善の方法を見出せますし、予防にもなります。膣がゆるんでいるのをコンプレックスに思っている人も多いです。このコンプレックスは、婦人科形成クリニックなどでも改善することができます。まずはクリニックに相談してみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加